チロコの日記
ただのぼやきですー。
FC2カウンター

プロフィール

チロコ

Author:チロコ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

突然の電気ストーブのショート
ちょっと思うことがあって
このブログを書いていたところ
突然、電気ストーブがショート!!
煙もくもく
火事になら無くて良かったですが

書くなってことだったのかな・・・
確かに、ヤバイかもしれないけど

ちょっと真理をチラ見したのかと思ったりしていて・・・

しっかりと地に足をつけて
考えていきたいと思う。
書けるレベルに達してないんだろうな
私の精神性が・・・
精進いたします。。。
メンタル弱い
私、すぐ動揺するので
メンタル弱いなぁ・・・・・・・・・・・・・・と
思っているのですが

立ち直りはめちゃくちゃ早いので
実は強いんじゃないかなぁ・・・・

強いんじゃないか?
あれ?
メンタル強いかも――――♪

ってな気分を書き残しておこう
幽霊会員座談会③
私が子供のころ、幹部に聞いた素朴な疑問・・・
「なんで、先生を尊敬しなくちゃいけないんですか?
 師匠とか弟子とか勝手に決められても困るんですけど・・・」
そしたら、
「先生は、会員のための幸せを祈ってくださってるんだから」


それなら、
天皇陛下は日本人、いやはや世界のために
祈ってくださってるじゃないか~~!!
神道の長ですよ。
陛下は無私の心で祈ってくださっている。
完全に自由のない、それだけのためにいらっしゃる。

そんな天皇陛下のいらっしゃるこの日本で
神社参拝を禁止しているなんて
それが一番、私は許せんのだ。


幽霊会員座談会②
チロコ家て、めちゃめちゃ仲の良い幸せな家庭なんです。
嫁姑も、めちゃくちゃ仲良くて
お嫁さんも、「チロコ家に嫁げて本当に幸せ」と
言ってくれる。
で、家族みんな、「一家和楽の信心のおかげ」って言ってる。
でも、チロコだけやってないぜ。

私が思うのは、信心の功徳っていうより
みんな、基本的に性格がよくて、エゴが少なく
利他の精神がしっかりあるので
みんなのために、自分はがんばりますよっていう気持ちが
当たり前のようにあって
明るく、軽く、利他の心で生きているのが良いのだと思う。
なので、人に恵まれて、健康で、、、、
SGは、その利他の心を出しやすい環境ってことで
そこは私も認めてる。
ガンガン勧誘とかしないし、他をガンガン攻撃否定しないんでね、うちの家族は。
SG内だけでなくって
町内でも、会社、退職後も人のつながりを大事にしてるのが
すごいなー偉いなーって思う。

・・・私だけ、そこまでの心がないかも(爆)

うちの家族みんな、コミュニケーション能力がとっても高いので
父なんて、道をあるいてるだけで
知らない人から野菜もらったりする!ってか
私もそれはある、けど
人に好かれる人たちだあぁと思う。
私以外、ほんとみんな好感度が異常に高いのよね・・・

だから、SGでも
SGはどうかな…と思うけど、うちの両親とか弟夫婦から
信心がんばろって思えるんですぅ
っていう会員さんが多数いるのは
・・・罪作りなのではないかと思うが
どうだろうか。。。

笑えるのが、母が交友関係が広いんで
全国いろんなところに友人がいて
旅行にもよく行くんだけど
学会員やない友人とも旅行だと決まって
神社言ってる( ´艸`)
伊勢も、出雲も、宗像大社に太宰府に・・・
うらやましい~~~~!!

だから、結構八百万の神々にも
生あたたかく見守って頂けてるのかなと思って
私は、家族の中でひとり
神社参拝して、感謝してるわけです。
好感度の一番低いと思われる「わたくしが・・・



幽霊会員座談会①
今日は、大体2年に一回会う友人と会った。
この友人、ある意味、一番の価値観共有相手であるので
ここでしか語れないことを語り合った。

というのが、
私も友人も、幼いころにSGってな宗教団体に入会させられ
ともに幽霊会員なのであります。

で、私も、友人も、一応なんとなく子供ながら
「・・・おかしいな??ん??」と思いながら
淡々と、SGの中を見てきて
そして、
幽霊会員となった。脱会したいんだけど
家族間でもめるといやだから・・・・・・・静かにフェイドアウト・・・
でも、親も弟も熱心な活動家!っちゅーことで

大体2年に一回、SGのことをあれこれ話す仲なのです。

んで、、、、
今日の結論ですが
まぁ、やはり、親や兄弟が熱心に信心頑張るところは
否定しないでいこう。と。
そこはそこでどうぞ、ってな姿勢でいようと。

ただ、あたしは、信者に神社参拝(神社だけでないけれど)を禁止している点で
日本破壊につながってると思っているので
あたしたちは、幽霊会員だからこそ
SGの本質を自分なりにはっきりさせたい。
会員は基本純真だし、カリスマはZだし・・・
日本をどうする気なのか・・・

そこでまず
公明党ってどうなん?と。 あ!ばれた笑

そこが本当に日本のために、日本の国益を第一に考えているのか?
というところはしっかりウォッチングして
そこは、幽霊会員だからこそ、しっかり監視していかんといけないな
というのが第一結論。
そこから、SGの本質が見えてくるんじゃないかっていう・・・

まだ、内部にいるとき、20年くらい前かな、
委員長だった竹入やら矢野やらを敵だと教え込まれたのよ。
あれだけ応援させられたあげく
委員長はこんなひどい奴だった、と・・・

そこの点からおかしなことだと思うんだけど
それからどうなのかさっぱりわからないが

まぁ、公明党にかぎったとこではないけど
人相悪いヤツ多いよね。と。
ぐっさんは、まあ人当たりのよさそうに見えるけど
日本を第一に考えているようには見えないし・・・とか
とうっすい政治話をしていたわけですが

それでもやっぱり
日本を愛しているので
同じ日本人として、日本をよくするという方向に家族を向いていきたいので
そこはがんばりたいと思うのよ。

足を引っ張る人
私は在日韓国人と二人で一つのことを担当して
とある仕事をしてました。

彼女は当初から
私がミスするようにわざと色々なことをしてきました。

彼女曰、「仕事はミスして覚えるものだから」

理解できない論理だと思いましたが
今では理解できます。

こういう質の人は
人の足を引っ張って人の評価を落とそうとします。

我々普通の日本人は
他人の評価が堕ちたからといって、自分の評価が上がることはない
と考えますので
なぜこういうことを平気でするのか、わかりません。
仕事にとてつもない支障をきたすというのに・・・

彼らは、他人の評価が落ちれば自動的に自分が上がると思っています。

なぜなら、彼らは和を為すことが目的ではなく
ピラミッド社会、・・・たった二人きりの中でも、上に上がることが目的だからです。

人が堕ちれば、自分は上がる。
彼らの論理の中では正解なのです。

だから、正しい、正しくない、の価値観で考えることは無意味です。

だから、かかわってはいけないんです。
余裕、あそびがない
私の欠点、いまさらながら
みーつけた。

どんなところにおいても
心に
余裕が、あそびが、余白がない・・・

白黒はっきりできるものはできるだけ早くつけたいし
ちょっとトラブルがあるともうだめだと決めつけちゃうし

その割に、余裕を作り出そうと必死で頭をフル回転するもんだから
無理やり作り出した余裕の上に
何とか座れて、うまく乗り越えたと思うのだけど

余裕とか遊びって
無理やり作り出すもんでもないのに
なんか
理論武装しちゃうんだよねという
悪いくせ。


ひとまず自分で考えやがれ
全然自分で考えようともせず
わからなかったら誰か教えてくれるわ、とか
だって今まで誰も教えてくれなかったから、とか
そういう態度の人が多くって
そんな話をつい先日、お局状態の友達としてたとこなのに。

炎上中の村本にむかつき中。
はぁ?命を取られるくらいならせんかく差し出すとか
個人の命より国土の方が大事でしょうが!

無知を全面に押し出して
今の政治を考えるきっかけになれば、とか言うけれど
無知層にアピールするなら
もっと面白く的確に語らないとだめでしょう。
カオスにカオスを持ち込んでどうする。

最低限の想像力でも
どんだけの人が命張って国土守ってきたか
わかるだろうに。
無知でも、最低限の教育を受けてれば、
想像力でそんな発想は蹴散らせるのに。
個人の命の長さなんて知れてるだろうに。
ちょっと考えればわかるだろうに。
こんな奴が、無知の代表みたいな顔して
人の話も聞かずに、延々自分の立ち位置の説明に明け暮れて
情けない・・・

ってか
彼は尖閣をただの島としか思ってないだけの話で
早急に
無知の怖さを彼に語ってほしい。

腹が立って誰かとしゃべりたいーっきーーーっ!てなったけど
こんなネタですぐしゃべり合える人もいないので
ここに書いた次第。

結論:私もおばさんになったなぁ~



5年経ったら・・・
適当に過去記事を見て懐かしんでる今日この頃。

2013年5月の深層心理ってな日記にて
私の、結婚したくないという深層心理が
「オトコはクサイ」から(笑)
なんていうことが書いてあるのをふと見て
苦笑


客観的に見る
私が長年心掛けていたつもりの
客観視。

物事を客観的に見るのが抜群にうまい親友と話してて
どうしてこれが私は見えないのだろうと
思うこと多々あり。
親友とはかれこれ30年の付き合いだから
正直30年間思い続けたことでもある。

でも今日ようやくわかったんだなぁ~

私は、相手の目線からどういう景色が見えてるのか
ってことを一生懸命客観的に見ようとしていて

つまり出来事をそのまま見るのではなくって

この人はどういう心理で、どういう理屈をもって、どういう思考で
この状況をみているのか?ということを
「客観的」に見ているつもりで

だから、全然理解できなくて混乱をきたす、ストレスたまる
って
それを親友に話して
出来事そのまま客観的にみる親友が
問題点をパッとして指摘して

おぉぉぉ!!!
ってなるっってことで

相手に寄り添い過ぎて、意味わからなくて
ストレス貯める私の図、をようやく客観的に見えたのであった。