チロコの日記
ただのぼやきですー。
FC2カウンター

プロフィール

チロコ

Author:チロコ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいんだけど
うるさかった隣の会社がお引越しした~!!!
バンザーーーイ!!!

ちょっと今後振り返って
こんなこともあったな~と「笑うため」に記録。。。

最初から変だった。
入居してすぐ、共有の廊下にモノをたくさん置く。
最初は片づけが大変なのかと思ったが3ヶ月そのまま。
あー、そのままなんだ・・なんかイラっとしていた。

そして事件発生。
共有の給湯室の排水溝の残飯事件。
ほとんど食べてない位の量のラーメンが排水溝に捨ててあった。
そのままって!
昼から夕方にかけてそのまんま。
漂うラーメン臭に・・・このままでは腐るという恐怖。
痺れをきらして片付けたんだけど私が。。。ボーゼンとしながら。。。
嘘でしょ?といいながら・・・
運良く、ヒール美女が片付ける私に気付いて謝ってくれたからよかったけど
「管理人さんがいるのかと思ってました~」って・・・
 管理人さんがいても排水溝にラーメンそのままはないと思う。。。
それがヒール美女との出会いだった。

で、そこで美女は初めて気を使ってくれ
このときの出来事もさらっとブログに書きました
私が買ってたトイレットペーパーも
 「交代で買いましょう」
 「トイレ掃除は月から木は私がしますね」
入居以来、廊下に大量に置かれた会社のものも
 「これってうちのですか!!すぐ片付けますので」
と私のもやもやを解消してくれたのだけど
トイレ掃除はすぐしなくなった。。。あれれれれ

まぁ、彼女も出たり入ったり忙しそうだったから
別にいいんだけど
出来ないんだったらやるって言わなきゃいいのになぁ。。。
と新たなモヤモヤヲ生んだ。モヤモヤしすぎなんかな

そもそも建物の構造的にも問題があるのだが(カベが薄い、ドアが貧弱など)
それにしてもうるさかった。


ヒール美女と丸顔男が常駐の2名だった。
2人とも、階段を大魔神のような大音たててドスンドスンと上がってくる。
2人ともドアをバッシーーーーーンと閉める。
ってか、こんなのこの2人だけ。
・・・運送屋のにーちゃんでさえ、静かに上がってくるし静かにドアを閉める。
この2人が、毎日出たり入ったり。
そのたび、ドスンドスンバッシイイイン!!!
スヤスヤ寝てるお客さん、目をぱちっ(驚)!!
私、キーーーーーッ(怒

そして荷物を投げてるような音・・・ドスンドスンバタンバタン

ヒール美女に「静かにお願いします」と言った。
 にこやかに「わかりましたー」と言ってくれたがぬかに釘だった。。。


丸顔男は、廊下中に音を響かせてエズク。根限りの音を出して鼻をかむ。。。
生理現象だからしょうがないけど
それにしても・・・キモカッターーー!!

私語はまぁいいさ。
お互い様だから・・・と思っていたけど
元々腹のそこから声張るタイプでまたこれがよく通る声の人には辟易したなぁ・・・
常駐の人じゃなかったからよかったけど

一番問題だったのは、
建物共通の入口のドアの鍵をかけない。
最後に帰るのに廊下の窓は閉めてくれない。。。
・・・たまたま捕まえた気の弱そうな男性社員の方にお願いしたけど
   カレは常駐じゃなかったので全然改善されなかった。
・・・ヒール美女にお願いしたら
    「かぎかけるの難しいじゃないですか~?」って。なんで?
   いろんな常勤・非常勤社員さんがいるからなんでしょうが
   それってオタクの体制でなんとかせーよ。

鍵を掛けなかったために不審者の出入りがあったようで
その会社にちょっと気持ちの悪い被害がでた。
それから、鍵はかけてくれるようになったのでよかったんだけど・・・
  でもその不審者なんだったのか未だ解明されてないのよね。。。
  ケーサツにでも相談すりゃいいのに、それもせず。
  やっぱり使えネーやつら。。

それでも共有廊下の窓は閉めてはくれず・・・

私が一番に来るからね、私が窓をぱーーっとあけるんですよ。
開けたもんが閉めろってことなんでしょうが
暑いかなぁ・・・と思って気を使って   
彼らが通り道の窓だけ開けて帰ってみても・・・開けっ放し。
はぁ。気が効かない。

夜中明け方のゲリラ豪雨もあるから、開けっ放しはよくないと
先に帰るときは窓閉めて帰ってたけど
なんかね。そんな事も気がきかない人たちに・・・切なかった。
   
まだまだ続く。

駐車場の使い方も気に入らなかった・・・
彼ら、無料で使ってもよいところに毎日何台も停める。
私はちなみに裏の不便なところ借りてる。
お客様はその便利のよい無料のところに停めてもらってて
使えないときは私の借りてる不便なところにってシステム。
そこに毎日何台も普通に使ってるのって
ちょっとむかついてたし
雨の降る日にわざわざ入口の前に(駐車スペースになってない)停めて
人の出入りがしにくくなるのに知らん顔の丸顔男に
なぐってやろうかと思ったことも多々ありで
自分がよければそれでえーーんかい!!!
直接言う事はなかったのだけど・・・言えばよかった。。。

外の入口のドアは、冬の寒い日も雨の振る日も開けっ放しにするし
日中、私も送迎やらで出掛けて
彼らも出掛けて
建物に誰もいなくなるのに(わかるはず)
入口ドアあけっぱなしってことも多々多々あった。

なんにも考えてない丸顔男。。。

そんなこんなで、ストレッサーだった会社(8割丸顔男)がお引越ししたのだけど、
廊下や階段がワタボコリ・ダンボールの切れ端で
案の定ゴミだらけでもスルー。
窓までおかしなことをして開け閉めできないことになってたのもスルー。
私が掃除して窓を直した。。。
最後まで・・・・

あいさつだけは感じがいい若者がいたのだけど
・・・惜しいな。
ほんとにびっくりするくら気が効かない人ばかりの会社だったなぁ・・・

しかし、こんだけの大きなストレッサーがなくなると
今度またどんな新たなストレッサーに襲われるのかと思うと
怖い。
こんなもんでよかったんだなぁ。。。なんて思うような
大きな敵が来ないように
なるべく愚痴をはかないようにがんばったつもりなんだけど
どうだろう。

どうか、一つの大きな卒業でありますように・・・
スポンサーサイト
自信をもつ!4
テレビ見てるだけで
顔を見るのが嫌なくらい
嫌いな芸能人いる。


sだsすけもyぐちも。。。
テレビ越しで顔見るだけで嫌悪感あった。
なんかキャッチするものがあるんだろうね。

ブログ見るだけでも、
このブロガー変人かも。。みたいな
そういう感覚あるもんね。



だから、
自分が何かをキャッチしたから嫌うんだと
キャッチしたことに
自信をもつ!

理屈を越えたところで何かを感じ取ってることに
自信をもつ!

嫌悪感の感情に負けない!

きっと、身を守る本能のひとつかもしれない。


嫌悪感から何かを学ばないといけないと思っていて

嫌いなひとからは
自分の嫌な部分を見てるからいやなのだとかいう
心理学の見解があるらしく

自分のそんな嫌なとこをクリアすれば
その人が嫌いで無くなるらしいので。。。

だけど、
そうじゃないこともあるんじゃないか?


彼女の場合は、奴が入社して一緒の空気を吸い出してすぐに
私は体調を崩したので
なにか、、理屈を越えたものがあると思っています。。

三日間引き継ぎをしたとき
退社する先輩が
初日ですでに彼女を嫌い
私にえらく同情してくれたくらいなので
万人に嫌われる要素があるの。


なんかね、その時は人をかちーんとさせるじけんがあった。
忘れたけど。。。

他の人が同じことを言えばなんでもないことだけど
彼女がいうと
かっちーーーーん(怒)
とか。
これを生み出すのって、理屈を越えた何かでしょう。。。?
根底に人を馬鹿にしてるのを
感じ取ってるんだと思っています。
キャーーーッチ!

霊能者にみてもらいたいわ(笑)


自信をもつ!3
私の中の、人を嫌うのは悪いことだ、という意識が
彼女に対する嫌悪感を抱く自分を苦しめている。

人から
この人は他人から嫌われやすい人だ
との認識をもらうと
私も嫌ってしまうのは仕方ないのだ、と
ホッとする、

を繰り返してる私!!!

や、や、やばい。
ループから抜け出さなければ。
簡単なことじゃないかも。

如何にみんなが彼女をきらっているか
情報をたくさん集めて
(びっくりするくらい集まって来るんだなーこれが)
自分を正当化することを繰り返していただけですた。

別に
嫌っていいじゃん。
嫌いなんだから。

嫌い、という感情を私の中で排除せずに
面白がるくらいに、きちんとむきあえばいいのだ。
嫌いなんだから、嫌いでいい。
嫌うには、の理由があるんだから。
悪口言い触らすわけでもなく(ブログにかいてる。。)
いじめるわけでもなく
ただ、嫌いだと思うことは、わるいことじゃないわよね。

嫌いだと思う理由が重要というか。

器が大きくなれば
少々の理由じゃ嫌いとすら思わなくなるんでしょうから。。。

器を大きくして
楽になりたい。
自信をもつ!2
たかだか2時間の飲み会ですら
ちょっと彼女をさける私がいて

いかんいかんっと思って
話しかけて見るが
やっぱり普通の会話でもムカつく始末で

自分が悪いのか?彼女がわるいのか?
相性がわるすぎるのか?
向こうはこちらを嫌ってないし

あー、気持ちの悪い時間だった。


嫌いな人にも優しくできる大人になりたいと
思うような思わないような
何とも言えない感情。

彼女を知ってる元職場の友達に早速聞いてもらいましたが
そりゃそーなるダローって感じの
優しいお言葉をもらっておちつきましたが。。。

幼なじみの友達も、
会社にその彼女とよく似た性質の同じような子がいて
いつも同一人物??
と笑ってるんだけど、名前が違うんで別人確定してるんだが


その友達に、写真見せたら
あー、、顔までそっくり。嫌われるわー。。。

って。そうかー。

つづく。。。
自信をもつ!
来、来やがった。。。
あ、あ、会ってしまった。嫌いな彼女。
来ないと聞いていたのに会だったのに~~~なんでくるねん。


会った瞬間、わたしゃ石のように固まった。
人間の反応っておもろいな。
固まった。

ひさしぶり、何年も会ってないのに
瞬間から、いやーーー!って
身体が拒否。いや、オーラが拒否??

普通の会話でも、嫌な感じやし。
わたしゃ拒否ってるのに気付いてないし。
嫌われ者って、自分が嫌われ者ってわからないんやなー!
それが1番わかったわ。。。

つづく。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。